前歯の部分矯正

  • HOME > 
  • 前歯の部分矯正

部分矯正とは?

部分矯正とは?部分矯正とは、歯並びの気になる部分だけを治療する方法です。
例えば、口を開けたときに目立ちやすい前歯を整える方法があります。適用範囲が狭いため、全体の矯正と比べて治療期間が短く、治療費も抑えられます。

このような方は
部分矯正が向いています!

  • 前歯の歯並びが気になる
  • 短期間で歯並びを整えたい
  • 前歯だけ改善して費用を抑えたい
  • 矯正治療の後戻りを改善したい
  • 大切なイベントまでに前歯の歯並びを整えたい

部分矯正が適用されるケース

八重歯・ガチャ歯

八重歯は、犬歯が1本だけ外側に位置しているもので、ガチャ歯はデコボコした歯並びのことです。歯の表面を覆うエナメル質を薄く削るなどしてスペースを作り、そこに歯を動かすことで歯並びを整えます。

すきっ歯

すきっ歯は、歯と歯の間にすき間がある歯並びです。すき間を閉じるように歯を動かします。

前歯がねじれている

歯のねじれのことを捻転歯といいます。歯を動かすスペースが不足している場合は、エナメル質を薄く削るなどして歯を動かします。

前歯が少し出ている

歯が傾くことで出っ歯になっている場合は、部分矯正で改善が期待できます。骨格的な問題がある場合は、部分矯正では改善できません。

前歯が大きい

前歯が他の歯と比べて大きい場合は、歯がきれいに並ぶために必要なスペースが不足することで、歯並びが乱れる恐れがあります。エナメル質を薄く削るなどしてスペースを作り、歯を動かします。

部分矯正のデメリット

仕上がりは全体の矯正に劣る

全ての歯を動かしてバランスを整える矯正方法と比べて、仕上がりの美しさが若干劣ります。

噛み合わせの改善はできない

奥歯を動かさないため、全体の噛み合わせを整えることはできません。

歯を薄く削る必要がある

エナメル質といえども歯の一部です。健康な歯を削ることはデメリットと言えるでしょう。また、稀に知覚過敏の症状が現れる場合があります。

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)で
矯正治療が可能です!

マウスピース型矯正装置(インビザライン)マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、部分矯正に使用できる矯正装置の1つです。
前歯を絞り込む動きに適しており、比較的効果が高い方法と考えられています。もちろん、全体の矯正治療にも使用できますので、ご希望の方はご相談ください。

前歯部のマウスピース型矯正装置(インビザライン)

前歯に適用できるマウスピース型矯正装置(インビザライン)の「インビザライン・ゴー」をご提案しております。すきっ歯のような軽度の歯並びの乱れ、インプラント治療やラミネートベニアなどの効果向上を目的とした歯の移動に適しています。

メリット

前歯のお悩みを解消できます

インビザライン・ゴーは、前歯の少しの重なりやすきっ歯などをマウスピースの装着だけで改善できます。
また、過去に矯正治療を受けたものの後戻りしてしまったケースにも対応可能です。

目立ちにくいです

医療用プラスチックのマウスピースを使用するため、従来のワイヤー矯正と比べて目立ちにくくなっています。
また、装置によって口元が膨らんで目立つ心配もありません。
口元が気になるため、矯正治療を諦めていた方にもおすすめです。

違和感や痛みがほとんどありません

マウスピース型矯正装置(インビザライン)には、ワイヤー矯正のように金具を使用しないため、口の粘膜を傷つける心配がありません。
また、一度に動かす量が比較的少ないため、歯が動く際の痛みも少なくなっています。

使用感が快適

凹凸のある金具を使用しないため、使用感が快適です。
また、食事や歯磨きの際は取り外すことができるため、普段どおりにお過ごしいただけます。

歯と歯茎の健康を保ちやすい

普段どおりに歯磨きができるため、歯や歯茎を健康に保つことができます。
また、医療用プラスチックを使用しており、金属不使用のため、アレルギーが起きる心配もありません。

治療期間や治療回数が少ない

マウスピースは患者さまがご自身で交換していただけるので、通院回数が比較的少なくなっています。
また、歯に装着した装置の調整も不要で、歯の動き具合をチェックするだけで済むため、診療時間に長い時間はかかりません。
さらに、歯並びを全体的に動かすケースと比べて、短期間で治療が完了します。

前歯の部分矯正の注意点

部分矯正は、あくまでも歯の見た目を改善する治療です。顎や他の歯にアプローチすることはできないため、よく噛める、発音がきれいになる、歯ぎしりの改善といった効果は得られません。部分矯正を検討する際は、全体的な矯正もあわせて検討することが大切です。

当院では、矯正専門歯科医師が患者さまのお口の中をすみずみまで観察し、部分矯正を適用できるかどうかを判断いたします。また、患者さまのライフスタイルや重要なイベントを控えておられるかどうかなどまで踏まえ、きめ細かな治療計画をご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。