治療費用

  • HOME > 
  • 治療費用

治療費のご案内

部分矯正治療費

部分矯正の治療費は、上の前歯か下の前歯のどちらかを治療する場合と、上と下の歯の両方の前歯を治療する場合にわけられます。
治療は、マウスピース型矯正装置と裏側矯正装置のコンビネーションまたは、そのどちらか一方でおこないます。

治療項目

治療費
上の前歯か下の前歯の
どちらかを治療する場合
30万円~
(+消費税)
上と下の歯の両方の前歯を
治療する場合
46万円
(+消費税)

毎月5,000円(+消費税)の処置料がかかります

インビザライン
(マウスピース型矯正装置)治療費

治療費は、分割払いをされる方が多数です。毎月の美容院やネイル・まつ毛エクステのように、矯正治療も毎月払いで支払います。
毎月良くなる歯ならびにお金をかけて、きれいな歯ならびを手に入れてください。

治療項目

治療費
歯を抜く場合※1 79万円
(+消費税)
歯を抜かない場合※1 83万円
(+消費税)
前歯のみを動かす場合 ※2 30〜40万円
(+消費税)

毎月5,000円(+消費税)の処置料がかかります

ワイヤー矯正治療費

ワイヤー矯正治療は、従来型の矯正治療です。歯にブロックをつけてワイヤーで歯を結ぶことで矯正治療を行います。

治療項目

治療費
歯を抜かずに矯正治療が可能な場合 89万円
(+消費税)
歯を抜かないと矯正治療ができない場合 93万円
(+消費税)
矯正用アンカースクリュ- 1本 3万円
(+消費税)

毎月5,000円(+消費税)の処置料がかかります

小児矯正の治療費

予防矯正®の治療費は、こどもの矯正治療費の平均からみると、やや高いと感じるかもしれません。
しかし、私たちは、矯正装置をただ使用するだけの小児矯正治療とは異なり、お子様の悪い歯ならびの原因を明らかにして、その改善を治療対象とします。
歯だけをみて何かをする矯正治療とは、根本的に違います。アクティビティをお子様に提供するスタッフや歯科医師は、予防矯正®協会認定の教育を受けており、日々研鑽を積んでおります。費用のかかることではありますが、治療費には、ご理解を頂けますよう、よろしくお願い致します。

治療項目

治療費
6歳~7歳(永久歯が1〜2本はえてきている) 40万円
(+消費税)
8歳〜9歳(前歯4本の永久歯がはえてきている) 46万円
(+消費税)
10歳〜11歳以上(犬歯が永久歯にはえかわっている) 53万円
(+消費税)

毎月5,000円(+消費税)の処置料がかかります
※予防矯正®は、当院院長による商標登録となっています。

デンタルローン

デンタルローン矯正治療は保険適用外のため、むし歯治療や歯周病治療などと比べて治療費が高額です。そのため、費用が気になり矯正治療を受けるかどうか迷っている方もいらっしゃるでしょう。
当院では、費用に対する不安を和らげて矯正治療を受けていただけるように、デンタルローンをご用意しております。

デンタルローンとは、歯科治療限定のローンのことで、信販会社が歯科医院に一括で治療費を支払い、患者さまが利息を含めて信販会社に分割で返済する仕組みです。

医療費控除

医療費控除とは、1年間の医療費が10万円を超える場合、10万円を超えた分の医療費を所得控除できる制度です。

【医療費控除の計算式】

医療費控除額=医療費の合計額-保険金で補填される金額-10万円

ご自身だけではなく、生計を一にする同居家族が支払った医療費も計算に参入できます。

矯正治療における
副作用とリスク

矯正治療に伴うリスクや副作用は、ホームページに掲載することが法律で義務づけられています。全ての医療行為にはメリットとデメリットがあるため、両方を十分に比較し、治療を受けるかどうかお選びいただく必要があります。当院では、矯正治療の副作用やリスクについて十分にご説明し、ご納得いただいてから治療を開始しておりますので、不明点や疑問点はお気軽にご質問ください。

  • 最初は矯正治療による不快感、痛み等があります。数日間~1、2週間で慣れることが多いようです。
  • 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。また短縮する場合もあります。
  • 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、装置がついているため、歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
  • 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
  • ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ごくまれに、歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • 治療途中に金属などのアレルギー症状がでることがあります。
  • 治療中に「顎関節で音がある、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 歯の動きによる様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外す時に、エナメル質に微少な亀裂が入る可能性や、被せた歯(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った被せる歯(補綴歯)や虫歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
  • あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが萌えて、凸凹が生じる可能性は文献ではないとされていますが、加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬みあわせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
  • 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。