40代・50代から
はじめる矯正治療

  • HOME > 
  • 40代・50代から
    はじめる矯正治療

40代・50代から
はじめる矯正治療

歯並びの矯正治療は、歯と歯茎の状態が良ければ、40代や50代でも歯列矯正をすることは可能ですので安心してください。
今、人生100年時代という言葉も見聞きするように、平均寿命は延びてきています。
いつまでも食生活が楽しめるよう、健康が維持できるよう、食べ物をしっかりと食べられる、歯並びと咬み合わせが大切になります。
40代・50代以降の多くの方が、歯を失ってしまうことに後悔をしています。
40代・50代からでも、矯正歯科治療は健康寿命にも大きく貢献します。

40代・50代の矯正で
気をつけたいこと

  1. 1.むし歯の確認

  2. 定期的に歯科検診をしていない方はもちろん、昔にむし歯治療した方も要注意です。
    現在痛みを感じていない方でも、銀歯の中にむし歯ができてしまっていたり、いつの間にかむし歯が進行していることがあります。
    まずは、歯科医院でむし歯があるか確認を行い、治療をしてから矯正治療に進めましょう。
    当院は、総合歯科クリニックですので、むし歯治療もしっかりと行いますのでご安心ください。

2.歯茎の確認

むし歯の痛みを感じていなくても、歯茎が下がってしまっていたりと歯周病が進んでしまっていたり、咬み合わせの問題から、歯を支えている骨ななくなっている場合があります。症状が悪化している場合、矯正治療で「歯を動かす」ができくなってしまうため、一度口腔内の治療を行ってから、矯正歯科治療へと進めなければなりません。

40代・50代からはじめる矯正治療を行うメリット

口腔内が健康になり、
食べる喜びが長続きします

矯正治療を行うことで、歯並びが良くなるだけでなく、咬み合わせも良くなり、むし歯や歯周病にもなりにくくなるため、歯を失う確率が大幅に減少します。また、矯正治療を行ううえで、歯の予防へ意識が高まる方が多いので、いつまでも食べる喜びを感じることができます。

長年のコンプレックスが解消

若い頃は、育児や仕事で忙しかった方や、お金に余裕のないといったコンプレックスがあり、矯正治療を後回しにしてしまったり、矯正治療期間が延びてしまう方が多かったですが、中高年の方になると、ご自身に余裕がでてきたり、育児がひと段落する方も多く、矯正治療に集中することができます。結果的に、理想の期間で歯並びがきれいになります。

健康な体と脳を維持

ご自身の歯で、食べ物を噛めることは、食事を美味しく食べられるだけでなく、食事をすることで多くの栄養素を取り入れることができますので、体の健康を守ることが可能です。
また、噛むことで、脳に刺激を与えることができますので、日々活性化が働き、認知症の予防にも繋がります。

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)を
おすすめします!

マウスピース型矯正装置(インビザライン)当院では、マウスピース型矯正装置(インビザライン)をお勧めしております。コンピューターシミュレーションに基づいて作製した透明のマウスピースを約2週間ごとに交換し、歯を少しずつ動かします。透明で薄い装置のため、口を開けたときにほとんど目立ちません。また、スピーチや面接、結婚式といった重要な場面では取り外すこともできます。

さらに、独自のコンピューターシミュレーションに基づいて作製するため、事前に歯の動き方を確認できる点も大きなメリットです。歯並び・噛み合わせがどのように改善するのかを患者さまにご確認いただけるため、モチベーションを保ちやすい治療と言えるでしょう。

こんな方におすすめです!

  • 矯正中であることを周りの人に気づかれたくない
  • 接客業やサービス業のため目立つ装置は避けたい
  • 歯磨きのときには取り外して歯をきれいに磨きたい
  • スポーツや管楽器の演奏をしているためワイヤー矯正は避けたい
  • 通院の負担を抑えたい

当院のマウスピース型矯正装置(インビザライン)

矯正専門歯科医師が丁寧な説明・治療

矯正治療は、1~3年程度の長い期間がかかるうえに、費用も比較的高額です。当院では、矯正専門歯科医師が矯正治療を適用できるかどうかを見極め、さらに各治療法のメリット・デメリットを十分にご説明しております。そして、患者さまにご納得いただいてから治療を始めておりますので、不明点が解消されるまで何度でもご質問ください。

また、矯正治療に欠かせない歯科用CTで精密な診断を行っております。そのため、患者さまに最適な矯正治療の提案が可能です。

違和感の少ない歯型取り

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を適用する際は、歯型の採取が必要です。しかし、従来の歯型採りは、粘土のような印象材を噛む必要があるため、患者さまにご負担をおかけしてしまいます。そこで当院では、口の中をなぞるだけで正確に歯型データを取得できる3D口腔スキャナーを導入しております。

治療開始までの期間が短縮される他、コストも削減できるなど、患者さまにとってメリットが多い検査機器です。

iTeroで事前に治療経過を確認できる

当院で使用する3D口腔スキャナー「iTero」で取得した歯型データを基に、コンピューターシミュレーションを行います。歯の動き方、治療後の歯並びなどを事前にご確認いただけます。言葉で治療の効果を説明するよりも、3Dシミュレーションを実際にご確認いただいた方が治療を受けるかどうかスムーズに判断できるでしょう。

主なマウスピース型矯正装置
(インビザライン)の適用ケース

軽度の歯並びの不正

歯を動かす先のスペースが不足している場合は、抜歯してスペースを確保します。
抜歯が不要な程度の軽度の不正歯列には、マウスピース型矯正装置(インビザライン)が適しています。

抜歯を伴うものの歯の移動距離が短い

抜歯が必要でも、歯を動かす距離が短く、歯を傾斜して動かせるケースには、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を適用できる可能性があります。

装着時間を自己管理できる方

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は1日20時間以上は装着しなければ、治療計画のとおりに歯を動かすことができません。
そのため、装着時間を自己管理できる方にのみ適用可能です。

関連ページ